×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


名前だけの『あの人』も交えて



ニーナ「久々の座談会、ハイテンションに行くよー!!」

ファル「……元気だな、お前。オレは前回の精神的ダメージが――」

ニーナ「今回は先行公開という意味も含めて、『マテそば』では名前しか出てない『スペリオル』の主人公も呼んでみたよ〜」

ファル「オレのセリフは無視か……。マルツに至ってはまだ燃え尽きた状態だっていうのに、コイツ、ちっとも罪悪感を抱いてないし……」

ニーナ「さあ、みんなも一緒に呼ぼう!」

ファル「『みんな』って誰だよ?」

ニーナ「せーの……、ミーティアさーん!!」

ファル「今回、オレのことは完璧に無視するつもりなのか? オイ!」

ミーティア「どうもー! みんなのアイドル、ミーティア、ブログに惨状! ……じゃなかった、参上!」

ファル「……『惨状!』って、『ひぐらし』効果だな。間違いなく……」

ニーナ「会いたかったよ、ミーティアさ〜ん! まあ、物語上ではボクとあまり接点なかったりするけど」

ミーティア「そうね。ニーナは主にファルカスやサーラと絡んでるものね。あたしと絡んでるのはニーネのほう」

ファル「下手をすると初対面だったりするんじゃ、この二人……」

ミーティア「さて! 『スペリオル』の主人公、『ザ・スペリオル』の主人公、『スペリオル紋章編』のヒロインの三人が揃ったところで……」

ファル「『ところで』?」

ミーティア「……なにすればいいの? あたしたち……」

ファル「オレに訊くなよ!」

ミーティア「なによ! 『ザ・スペリオル』の主人公のくせに! あたしよりも早く『マテそば』に出てるくせに! そんなことも知らないの!?」

ファル「主人公ならなんでも知ってる、なんて法則はない! 大体、『マテそば』に先に出てるくせにっていうのは、明らかに八つ当たりだろう!」

ミーティア「ふっ、ふん! 八つ当たりなんてしてないわよ!」

ファル「どうだかな。お前、目立ちたがり屋だから」

ミーティア「あたしのキャラ設定を勝手に変えないでよ! 目立ちたがり屋なんかじゃないんだから!」

ファル「ちっとも変えてないだろ! 派手な攻撃呪文が大好きで、自分の出番を取られるとものすごく悔しがるじゃないか!」

ミーティア「そんなこと! ……あ、ありませんことよ。おほほ……」

ファル「いきなりキャラを作るな! まだ小説で出ていないからって猫被るんじゃない!」

ニーナ「ああもう! 今回はミーティアさんとファルカスくんのキャラに押されて、いまひとつ調子がでないなぁ……。――あのさあ、二人とも。今回は『マテそば』及び『スペリオルシリーズ』に登場することになるオリジナルキャラを三人も考えてくれてありがとう、これからもよろしく。って主旨の座談会なんだけど……」

ミーティア「ああ、あたしの引き立て役を募集したあの企画?」

ファル「引き立て役って……作者にそんな意図はなかったと思うぞ」

ニーナ「いまは作者、頭抱えてるよ。どのキャラをどこで登場させようかって」

ミーティア「自分から募集かけといて?」

ニーナ「うん、そう」

ミーティア「……アホ?」

ニーナ「アホだね」

ファル「アホだな」

ニーナ「コホン。……で、いまのところ、『マテそば』で使いそうなキャラが二人、『スペリオルシリーズ』で使いそうなキャラが一人と、『スペリオルシリーズ』が少々負けてるんだよ」

ファル「それに、『得意な魔法』や『特技』が設定にあるキャラもまだいないな」

ニーナ「あ、それは構わないらしいよ。作者的には。なんでもキャラを登場させるのが楽だって」

ファル「構わないのかよ!」

ミーティア「それにしても、由々しき事態ね」

ファル「え? なにが?」

ニーナ「そう。由々しき事態なんだよ」

ファル「だからなにが!? え? オレ、また無視されてる!?」

ミーティア「もっと『スペリオルシリーズ』のキャラがいないと……」

ニーナ「そう。キャラ募集を企画したのは、そっちがメインだからね。それに、『得意な魔法』や詳細な設定が書かれてないのもボク的には問題なんだよ……」

ファル「え? なんで? 別に構わないんだろ?」

ミーティア「分かってないわねー、ファルカス。ほら、詳細な設定があるキャラを考えてもらえないと……」

ファル「もらえないと?」

ニーナ&ミーティア「作者を困らせることが出来ない」

ファル「うわぁ……」

ニーナ「ミーティアさん、一体なにがいけないのかなぁ」

ミーティア「そうねえ。やっぱり登場した魔法の種類が少ないのがネックなんじゃない?」

ニーナ「そっかぁ……。そういえば、精霊・精神魔術系統で、殺傷能力のある魔法って、あまり出てないもんねぇ。――だったら」

ファル「ああ、悪魔どもの計画が進行してゆく……」

ニーナ「いまここで見せようよ。強力な精霊魔術系統の攻撃呪文」

ミーティア「それもそうね。――というわけで、ファルカス」

ファル「ん? なんだよ。お前らの計画にオレを巻き込まないでくれ」

ミーティア「つまらないこと言ってないで、攻撃呪文の的になれー!!」

ファル「ええーっ!? じょ、冗談だよな?」

ニーナ「いっくよー! まずは地面系の術から――」

ファル「こ、この悪魔どもめえぇぇぇぇっ!!」

 ――――残酷な描写を含むため、割愛します。ご了承ください。――――

ミーティア「ふう。これで少しはみんなの参考になったかしらね」

ファル「(全然ならなかったと思う……。というか、最後のほう、本気の殺意を感じたのはオレの気のせいか……? やっぱりミーティア、オレが先に『マテそば』に出ているのをかなり面白くなく思ってたのか……?)」

ニーナ「あ、ちゃんとあとでファルカスくんを回復させておかないとね。じゃないとまたサーラさんに怒られちゃう」

ミーティア「それじゃあ、みなさん」

ニーナ「また小説か座談会で」

ニーナ&ミーティア「お会いできることを祈りつつ」

ファル「(もう座談会になんて出るもんか……(涙))」



ブログ作品の目次に戻る