×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


400件記念座談会



ニーナ「みんな、ちゅうも〜く! みんなのアイドルことぷりてぃ〜ニーナちゃんだよ〜!」

ファルカス(以下ファル)「ど、どうした? いやにハイテンションだな……?」

サーラ「3ヶ月ぶりだから、かな? かな?」

ニーナ「違うよ、今日は――って、サーラさん、なんなの、その口癖!?」

サーラ「え? 口癖?」

ニーナ「まさか、本人無意識……?」

ファル「いま、『ひぐらし』にはまってるらしいからな、作者。ついでに言うなら、冒頭のお前のセリフだって、いま作者の再読している『乃木坂春香の秘密』のとあるキャラに感化されているんだぞ」

ニーナ「創造者と被創造者の関係性って恐ろしい……。まあ、それはともかくとして。今日はゲストを呼んでいるんだよ」

???「は〜い、マルツで〜す」

ニーナ「キミじゃないっ!」

マルツ「ぶわっ!?」

ファル「なにもグーで殴り飛ばさんでも……」

サーラ「で、ゲストって誰? 『スペリオル』のドローアさんとか?」

ニーナ「サーラさん、もう少し弟子の心配をしてあげようよ……」

???「ゲストというのは僕たちです」

??「座談会に出るのは初めてね、わたしたち」

ファル「…………。どなた?」

ニーナ「『ドラクエV二次』の主人公とヒロインさんで〜す」

???「どうも、アレルといいます」

??「アレルの妻ことリザです」

アレル「サラッとなにを!?」

リザ「アレルこそなにを驚いてるの?」

アレル「いつリザが僕の、その……」

ファル「……あー、イチャつくのは別のところでやってくれ……」

アレル「べ、別にイチャついてるわけじゃないですよぉ!」

ニーナ「まったく、同作品の主人公とヒロインが揃うとこれだから……。あ。ねえ、サーラさん。サーラさんもイチャつけば? せっかくだし」

サーラ「な、なに言ってるの! ニーナちゃん! それよりも自己紹介自己紹介!」


〜自己紹介タイム〜


ニーナ「さて、自己紹介も終わったところで。あ、本当はね、これにプラスして『ザ・スペリオル』から『カオス』って人を、『ドラクエV二次』から『メフィスト・フェレス』って人を呼ぼうと思ったんだ。でもなんか妨害? が入っちゃって、呼べなかった」

ファル「なんだ、その『妨害?』ってあやふやな感じは……。しかし『カオス』って裏世界のあの『カオス』のことだよな?」

ニーナ「そうだよ」

マルツ「なんで呼べなかったんです?」

ニーナ「さあ?」

ファル「『さあ?』って……。……いや、別に会ってみたいわけじゃないからいいけどさ」

ニーナ「じゃあそろそろお便りのコーナー!」

ファル「ねえよ! お便り来てねえよ!」

ニーナ「『なんでサーラもリザも一度も怪我をしていないのですか?』だって。はい、サーラさん」

サーラ「え、わたしが答えるの!? え、えと、言われてみれば、なんでだろ……? リザちゃん、わかる?」

リザ「もちろんヒロインだから、よ。『ヒロイン、傷つかない。美人になれる』ってね」

アレル「『インディアン、嘘つかない。良い子になれる』のパロ?」

マルツ「というか、それ、誰からのお便りなんですか? ニーナさん」

ニーナ「本名は書いてないよ。P.N.は『虚無の魔女』さんってなってるけど」

ファル「……なるほど、アイツからか。確かにアイツ、本編では割としょっちゅう怪我してたな」

マルツ「不公平だって言われても、文句言えないでしょうね……」

ニーナ「さて、次のコーナーはこれ! 『もしヒロインを交代したら!?』」

ファル「いや、それをやるのは無理が……。いや、待てよ。そういや同年齢なのか、サーラとこいつ」

リザ「初対面の女の子を指差して『こいつ』って……。でもまあ、そうね。同じ16歳。正確にはわたしのほうが少しだけ先に生まれてるけど」

ニーナ「さあ、最後のコーナー!」

ファル「コーナー締めるの早っ! せめてもう少し考えさせろよ!」

マルツ「あれ以上想像が膨らむんですか? ファルカスさん?」

ファル「それは……、…………」

サーラ「わたしがアレルくんとパートナー組むって、ちょっと考えられないしね」

アレル「(ちょっと想像してみて)ああ、なんかいまより旅が2割ほど平穏になりそう……」

リザ「ア〜レ〜ル〜?」

ファル「やめとけやめとけ。その代わり旅程を大幅に狂わされるぞ。サーラには放浪癖があるから。オレがこいつと旅できてるのは、オレの旅に目的地がないから、だからな」

マルツ「確かに目的のある旅は、師匠にはちょっと苦痛でしょうね。場合によっては目的地と正反対のほうに行っちゃう人ですから」

サーラ「好き勝手言ってるね、二人とも」

ファル「あ、あ〜……、でもまあ、確かに穏やかな旅にはなってるよな。事件に巻き込まれたりしない限りは。それとオレはやっぱりリザとの旅は勘弁願いたいな。ぎゃあぎゃあとうるさい旅になりそうだ」

リザ「にぎやかって言いなさいよね!」

アレル「でも、なんだかんだでリザは頼りになるし、うん、やっぱり交代は僕も勘弁願いたいかな」

ファル「いや待て。サーラだって頼りにはなるぞ。普段はほややんな性格だから頼りなさげに見えるだけで」

ニーナ「はいはい、そこ〜。嫁自慢はいいから、最後のコーナーいくよ〜」

リザ「交代は勘弁って、その本音は頼りになる云々じゃなくて愛ゆえに、よね! アレル!」

アレル「うわっ! 抱きつくなって! リザ!」

ファル「お〜い、イチャつくな〜、そこ〜」

マルツ「ファルカスさん、羨ましいんじゃないんですか? 本当は」

ファル「…………。どつくぞ、マルツ」

マルツ「し、静かに笑顔で言わないでくださいよぉ〜。怒鳴られるより怖い……」

サーラ「え、なになに? 羨ましいの? ファル?」

マルツ「あ、師匠が『からかいモード』に入った」

ニーナ「最後のコーナーいくよっ!!」

全員「はい……」

ニーナ「まったく……。えっと、最後のコーナーはね、『僕の! わたしの! キメてやるぜ勝利ゼリフ!!』」

ファル「えっと……?」

ニーナ「ほら、よくあるでしょ? 『これなら満点だな!』とか『オレの剣もなかなかだろ?』とかの勝利ゼリフ。あれをみんなも考えてみようってこと」

サーラ「『生きてさえいれば神さまだって殺してみせる!』とか?」

ニーナ「う〜ん、ちょっと違うかな。それと突っ込まないよ、突っ込まないからね、パロやっても」

マルツ「それにしても師匠、今日はよくパロをやりますね〜。さて、僕はどんなのがいいかな……」

ニーナ「あ、マルツくんのはいらない。」

マルツ「酷っ! ニーナさん、酷っ!!」

ニーナ「なんだかんだでキミは主役キャラじゃないんだよ。それはちゃんと自覚しておかないと」

マルツ「しくしく……」

アレル「僕は誰にも負けない。父さんを見つけだすまで――」

ファル「いきなりなにを!?」

ニーナ「いいとは思うけど、長いのが玉にキズだね」

サーラ「あ、いまの勝利ゼリフだったんだ……」

ファル「さて、そろそろ真面目に考えるかな……。……そうだな、『後悔なら地獄でするんだな!』とか?」

ニーナ「さすがファルカスくん!」

ファル「いやいや、それほどでも」

ニーナ「すごく悪人っぽい表情だったよ! さすが裏世界の元幹部!」

ファル「そっちかよ!」

リザ「『わたしたちの蜜月を邪魔するからよ!』とかね」

アレル「蜜月って! それにそのセリフ、『アリアハン王立アカデミー』に居た頃に言ってたことあったよね!?」

ファル「…………。仲いいな、あの二人」

マルツ「師匠とファルカスさんじゃ、ああは出来ませんもんね……」

アレル「え、ちょ!? なんか誤解されてる!?」

サーラ「『月に代わってお仕置きよ!』なんてのはどうかな?」

ファル「セーラー○ーン!!」

マルツ「パロ、ここに極まれりって感じですね! 師匠!!」

サーラ「あ、ダメ?」

ニーナ「うん、さすがに」

サーラ「う〜ん、じゃあ……。『足りぬッ! 血が足りぬッ!』とかは?」

ファル「却下あぁぁっ!!」

サーラ「これもダメなんだ……。だったら、『相手が悪かったわね!』とか『よるんじゃねぇ、ザコどもが!』とか『死にたくねぇ、だ!? ふざけんなクズが!』とかは?」

マルツ「師匠がどんどん壊れていくうぅぅっ!!」

サーラ「じゃあこれで! 『やったぁ!』」

ファル「普通っ!!」

ニーナ「さんざん引っ張っておいてそれ!? 普通すぎるよ! サーラさん! もっとこうアグレッシブでエキサイティングな……そう、『足を舐めなさい、駄犬!』とか」

ファル「お前も煽るなあぁぁぁっ!」

サーラ「あ、そろそろ終わりの時間だね」

ニーナ「なんか、いつの間にか主導権がサーラさんに……? 相変わらずあなどれない人だなぁ……」

マルツ「なんか今回は『ずっとサーラのターン!』みたいな感じでしたね、後半」

アレル「僕たちが出た意味もあまりなかった気がするし……」

リザ「言われてみればそうね。まあ、わたしはアレルと一緒に居られればそれでいいけど♪」

ニーナ「いやいや、本当は二人のラブラブっぷりを見せつけて、ファルカスくんとサーラさんにもイチャついてもらおうと思ってたんだよ」

リザ「あ、それじゃいまはわたしたちを呼んでも無理よ。だっていまアレルはツンの状態だもの」

アレル「ツン!? 僕、いまツンなの!?」

リザ「基本、デレるのは『アレフガルド』に行ってから、なのよね」

ニーナ「そうなんだ〜。じゃあ、またそのときに呼ぶとするよ〜」

マルツ「その頃には師匠たちもラブラブになってますかね〜?」

ニーナ「なんだかんだで恋の障害がない二人だからね。少しずつ、ゆっくりとだけど、きっとなってるよ」

リザ「わたしのほうにはあるのよね、恋の障害……」

ニーナ「え? そうなの? 詳しく聞かせて聞かせて!」

ファル「ニーナもなんだかんだで女なんだな。恋愛の話がかなり好きとみえる……」

サーラ「それじゃあ皆さん、またね〜」



ブログ作品の目次に戻る